MENU
なか整形外科

ブログ|医療法人藍整会 なか整形外科 京都西院リハビリテーションクリニック

大岩根正隆選手(パラスノーボード日本代表強化指定選手)

皆様はじめまして
私は、パラスノーボード日本代表強化指定選手として、2022年冬季 北京パラリンピック出場を目標とし活動を行なっています。
大岩根 正隆(オオイワネ マサタカ)です。

今季から、なか整形外科 京都西院リハビリテーションクリニック様から国内活動のサポートを受け活動を行なっていきます。

私は右腕が無い障害者です。
17歳の頃バイク事故を起こし、当時利き腕だった右腕を失いました。

スノーボードとの出会いは21歳の頃、バイト先社長の勧めで始めました。そして、この頃に樋口院長と出会い、スノーボード仲間として現在に至ります。
スノーボード歴は19年ですが、2008年に一度引退しています。
理由としては、当時の日本にはパラスノーボードが存在しておらず、断念するほかありませんでした。
しかし時は経ち、日本にもパラスノーボードチームがある事を2017年に知りました。
8年ほどスノーボード から離れてはいましたが、障害者の国内大会に出場し挑戦しました。
競技はスノーボードクロスと言う競技。
結果、腕に障害があるクラスで優勝する事ができ、強化指定選手へ繋がりました。

北京パラリンピックに向け日々精進してまいりますので、どうぞ応援のほど宜しくお願い致します。

スノーボード戦績
[国内]
・2018年2月18日 第4回日本障がい者スノーボード選手権 UL(上肢障害者部門)クラス 優勝
・201年2月17日 第5回日本障がい者スノーボード選手権 UL(上肢障害者部門)クラス 優勝

[海外]
・2018年11月6日 ドバイ バンクドスラローム アジアカップ第1戦 7位
・2018年11月7日 ドバイ バンクドスラローム ワールドカップ第1戦 ワイルドカード(運営側からの推薦)で出場 6位
・2018年11月8日 ドバイ バンクドスラローム ワールドカップ第2戦 9位
・2018年11月30日 フィンランド スノーボードクロス ワールドカップ第1戦 ワイルドカード(運営側からの推薦)で出場 11位
・2018年12月1日 フィンランド スノーボードクロス ワールドカップ第2戦 9位
・2019年3月27日 フィンランド バンクドスラローム 世界大会 9位
・2019年3月30日 フィンランド スノーボードクロス 世界大会 11位

・2019/12/3 フィンランド スノーボードクロス ワールドカップ第1戦 13位
・2019/12/4 フィンランド スノーボードクロス ワールドカップ第2戦 13位
・2020/1/29 北米選手権大会 サンバレー スノーボードクロス 第1戦 優勝
・2020/1/29 北米選手権大会 サンバレー スノーボードクロス 第2戦 優勝
・2020/3/11 ノルウェー デュアルバンクドスラローム ワールドカップ 4位