MENU
なか整形外科

ブログ|医療法人藍整会 なか整形外科 京都西院リハビリテーションクリニック

シーズンオフのトレーニング!

パラスノーボーダー大岩根正隆です。

先月、シーズンオフの期間に入り雪上から陸でのトレーニングに変わりました。
スノーボード選手が雪上以外で、どの様なトレーニングを行っているのかを少しご紹介させて頂きます。

色んなトレーニング方法を想像されると思いますが、僕は雪上を滑っていた感覚が残っている内(今)にフィジカル強化やスケートボードを使ってトレーニングを行なっています。

フィジカル強化について、主に下半身強化を重点に僕は考えメニューを組んでいます。
決して上半身トレーニングは全くやらない事はないですが僕は右腕が無い分、下半身をフルに活かしバランスを取ったり、誰よりも速くスピードが出せるよう、力強く板をしならせ推進力に変えなければならないので下半身強化が必要になります。

スケートボードトレーニングについて、実際に板の上で取るバランス感覚や筋肉の使い方を忘れる事なくトレーニングができ、更なる強化に繋がります。

バランス良く上記の事をオフ中に行い、実際のシーズンイン(8月〜南半球)して直ぐベストパフォーマンスが出せるよう準備しています。

今期は上記トレーニングに加え、怪我をしていた左肩/腕のリハビリを行なっています。
なか整形外科 京都西院リハビリテーションクリニックで教わったリハビリ方法を約1ヶ月半行い、現在では肩の可動域が広がってとても良く腕が動くようになりました。
ケアについてのサポートもとても助かっていますし、感謝しております。

この勢いでトレーニングでしっかり体を作り、2022年北京パラリンピック出場目指し頑張ります。

今後とも応援のほど宜しくお願い致します。